新宿駅、新大久保駅より徒歩5分、タイ古式マッサージとスイングマッサージのオーダーメイド施術で不調を根本から改善を目指す!

スイングボディとは

  • HOME »
  • スイングボディとは

◆スイングボディとは

一般的なマッサージ、整体などの手法は筋肉をターゲットにした部分的なアプローチが多いと思います。スイングボディは骨を揺らし骨格を開放し身体全身の筋肉組織を緩める事ができ、全体的(ホリスティック)にバランスを調整することができる手法です。
足、脚、骨盤、椎骨、腕、肋骨、頭蓋骨、これら骨格を取り巻く筋肉は約600ほどあり、筋肉からアプローチするにはそれら全てに精通する必要があります。そして身体は複雑な動きをこの600近くある筋肉たちがそれぞれの関係性をもって動かしているわけで、さまざまな不調を改善するには至難の業ですね。
スイングボディでは揺らすことで全身を緩めることができるのです。
人間の身体は80%が水でできていおり、リラックスしている人の骨は身体の中でぷかりぷかりと浮いているのですが、疲れて筋肉組織がガチガチに硬くなっている人の骨はゆれないのです。
良いお手本が赤ちゃんです。(3歳時までの子供)赤ちゃんの身体は水の中で骨がぷかりぷかりと浮いている状態です。首肩腰背中が凝っている、疲れている赤ちゃんはいませんし、坐骨神経痛や腰痛、ひざ関節痛、四十肩、五十肩の赤ちゃんはいないですね。
私たち現代人は四六時中、首、肩、腰、背中、脚、頭、目などの疲れ、コリや緊張を感じる事が多いです。そしてその原因の裏にはほとんどが心的、精神的疲労(不安、恐怖、怒り、悲しみ、悩み、イライラ)があります。そのとき、ほとんどの人が無意識に身体のいたる所に力を入れているのです。この無意識に身体に力を入れさせているのが『頭=思考』なのです。そこで『頭』が無意識に入れている無駄な力、不必要なコントロールを手放すように導くこと、頭が何もしていないこと、頭のコントロールが無い状態、緊張からの開放を促すのがスイングボディという手法なのです。
巷ではもみほぐしマッサージ店がどんどん増えていますが、現代社会にはこのスイングボディが真に必要なマッサージだと思っています。

創始者はサロン&スクール ジーバンの代表をされている金子彰先生です。Salon & School Jeevan(http://www.jeevan.jp/about.html)インド10年の放浪後、心の平安、セラピー、瞑想、リラクゼーション法をマッサージを通して研究すること30年。ヨーロッパやアメリカ含め世界中の人々10代から90代の幅広い年齢層の方々約2万人以上の施術経験を持っています。

◆期待できる効果

あらゆる不調の改善

1日2名限定/完全予約制『reset』 TEL 090-8682-5694 受付時間10:00〜22:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.